前段 意味。 【超分かりやすい】法律に出てくる用語まとめ

文章で下段の使い方や意味は?

意味 前段

読み方は、「きじゅつ」です。 また、政府は緊急時においてもICTの活用によりすべての子ども達の学びを保障できる環境を、早急に実現することを推進しています。 特許庁とやり取りする特許関係の文書(特に、明細書における特許請求の範囲)では、もっぱら「前記」が使われています。

9

上記・上述・前述・先述・既述・前出・前陳の意味と違い

意味 前段

読み方は「じょうき」です。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。

11

GIGAスクール構想とは?知っておきたい意味と実現すべき理由を解説

意味 前段

文章や言葉の中で、それ以前の段階で述べていたことに対して使われます。 まだまだ改善の余地があるビジネス文書ではありますが、『前段』が短くなったことで、さきほどよりも見やすくなりました。

・「段」の訳し方

意味 前段

「前出の登場人物が再登場する」「前出の件についてもう一度説明しよう」のように使われます。

14

文章で下段の使い方や意味は?

意味 前段

『蛙の生態調査』 蛙の鳴き声はどれくらいバリエーションがあるのか、その生態を調査したいと思います。

契約書の前条、前項、前号、各項、各号等の指定の方法まとめ │ ひとりちえ袋

意味 前段

しかしその際、裁判所はこのような判断を示しました。 民法186条1項 占有者は、所有の意思をもって、善意で、平穏に、かつ、公然と占有をするものと推定する。

6

「前記」と「上記」の違いなど

意味 前段

そんな大事な場面で、『老人はそう言った』という文末はいかがなものでしょうか。 それも「かかわる」でなく「かかる」です。

13