寸暇 を 惜しま ず。 間違いやすい日本語|寸暇を惜しんで・雪辱を果たす

「寸暇」の意味とは?使い方や例文、類義語を紹介!

ず 惜しま 寸暇 を

しかし、人によっては惜しんだか惜しまなかったかによって結果が変わると考えている方もいるようです。 「すんかをおしんで」と読みます 寸暇とは、わずかな暇の時間という意味。

16

寸暇を惜しんでの意味とは?間違いやすいので注意が必要!

ず 惜しま 寸暇 を

「寸暇を惜しまず」と使われることもありますが、この言い方の場合は 「わずかな時間ですが仕事や学習に使うことを惜しまない」という意味になり、今やっていることよりももっと有意義な時間の使い方がある、という意味になってしまいますから、 「寸暇を惜しまず」という使い方は誤りということになります。 それがそのまま通用する可能性も、十分あります。 「 寸暇」とは「 ほんの少しのあき時間」(『デジタル大辞泉』より引用)のこと。

3

「寸暇を惜しんで」を「寸暇を惜しまず」と誤用しないための対策。

ず 惜しま 寸暇 を

153件のビュー• 忙しいとき、何かに集中している時って、 ちょっとした時間すら無駄にできない状況ですよね。 家で何していたの?」• 未定事項であれば結果に違いが生じる可能性があります。 「もう進学をあきらめたのかい」と言われてしまうかもしれません。

4

寸暇を惜しんで

ず 惜しま 寸暇 を

寸暇を惜しんでの使い方・例文 「寸暇を惜しまず働きます」「寸暇を惜しまず勉強します」と言うと怒られると説明しましたが、ここまで読んで怒られる理由が分かったのではないでしょうか。 に解説があります。 icon まとめ いかがでしょうか。

1

寸暇を「惜しんで」or「惜しまず」?とにかく集中していると、時間なんてあっという間に過ぎていきます。

ず 惜しま 寸暇 を

「彼は家に入った」のであれば、彼は家の中にいます。 このような「取り違え」が原因と思われる誤字等の品種を、「 取違科(とりいか)」と命名しました。

15

「寸暇」の意味とは?使い方や例文、類義語を紹介!

ず 惜しま 寸暇 を

2のように「寸暇を惜しまず」というと、空き時間を無駄に費やす=ダラダラするということになり、全く逆の意味になってしまいます。

誤字等の館:寸暇を惜しまず

ず 惜しま 寸暇 を

「寸暇を惜しむ」については一旦忘れてください。 家で何していたの?」• 「雪」という字は古くから洗い清めるという意味で使われていたのだとか。 いかがでしたか? 反対の意味を持つにもかかわらず誤って使われているものや、語感が似ている言葉と混同したものなど、誤用されている日本語にはさまざまなパターンがあります。

8