門構え 或。 中国語辞書

芥川龍之介 玄鶴山房

或 門構え

この精神的格闘は何よりも 殺戮 ( さつりく )の歓喜の為に行われたものに違いなかった。 」 重吉も時たまお鳥にはそれとなしにこんなことも話したりしていた。

12

部首が「もんがまえ・かどがまえ」の漢字一覧

或 門構え

お鈴はそれを気の毒に思い、時々母の代りに 詫 ( わ )びたりした。

16

K'sBookshelf 辞典・用語 漢字林 門部

或 門構え

こう言う復讐をする教師を憎んだ。 彼は四学年を卒業した時、こう言う借りものの小説の中に「猟人日記」の英訳を見つけ、歓喜して読んだことを覚えている。 が、それ等は腰の高い、赤いクッションの色の 褪 ( さ )めた半世紀前の古椅子だった。

10

漢字書き順・筆順調べ辞典:漢字読み方・書き順(書き方)など漢字解説サイト

或 門構え

彼等の或ものは 臆病 ( おくびょう )だった。 父の教えた所によれば、古い一冊の玉篇の外に漢和辞典を買うことさえ、やはり「 奢侈文弱 ( しゃしぶんじゃく )」だった! のみならず信輔自身も亦 嘘 ( うそ )に嘘を重ねることは必しも父母に劣らなかった。

2月の短歌・和歌 20選 -初春-

或 門構え

のみならず妾宅に置いてあった玄鶴の秘蔵の 煎茶 ( せんちゃ )道具なども催促されぬうちに運んで来た。

「門」構えに「或」の字は?

或 門構え

大正十三年十二月九日、作者記。 その又仲裁役を勤めるものは必ず看護婦の甲野だった。

10

大導寺信輔の半生(――或精神的風景画――)

或 門構え

この恐怖や 逡巡 ( しゅんじゅん )は回向院の大銀杏へ登る時にも、彼等の一人と喧嘩をする時にもやはり彼を襲来した。 玄鶴はお芳の去った後は恐しい孤独を感じた上、長い彼の一生と向い合わない 訣 ( わけ )には行かなかった。

中国語辞書

或 門構え

折から洗いものをしていたお松はせっせと手を動かしながら、水々しい 銀杏返 ( いちょうがえ )しに結ったお芳を時々尻目に 窺 ( うかが )ったりしていた。

2

芥川龍之介 玄鶴山房

或 門構え

けれどもお鳥を 苛立 ( いらだ )たせるには絶好の機会を与えるものだった。 しかし中学を卒業する頃から、貧困の脅威は曇天のように信輔の心を圧しはじめた。 並み木もない本所の町々はいつも 砂埃 ( すなぼこ )りにまみれていた。