監査 基準 自治体。 実践! 自治体監査の考え方と実務

監査基準について

基準 自治体 監査

吉見 宏(北海道大学) 原文は以下のとおりです。 (地税法15の7他) ク 繰上徴収手続は適正に行われているか。

9

地方自治体の監査委員③

基準 自治体 監査

ウ 契約日以前に着工しているものはないか。 オ 収支の記録は正確か。 しかも、これらそれぞれについてはすでに、全国の都道府県の監査委員で構成される全国都道府県監査委員協議会連絡会(全監連)や、市役所の監査委員で構成される全国都市監査委員会(全都監)が、監査基準に相当する指針(その多くは、監査の実務マニュアルに相当すると考えられる)を公表し、会員自治体でその内容に沿った審査や監査、検査が遂行されている。

地方自治体の監査委員③

基準 自治体 監査

(令付則7) オ 検査完了以前に支払をしているものはないか。

8

地方自治体の監査委員③

基準 自治体 監査

主な担当科目:会計学、公共経営論、公共政策 【受講をお勧めしたい方 】 ・公認会計士の資格を持たない監査委員 ・自治体の監査委員事務局職員 ・民間企業の理財本部等で公認会計士等の監査対応を行っているビジネスマン ・関西学院大学ビジネススクールの自治体・医療・大学プログラムへの進学を検討中の皆さん 等 【受講に必要な知識・実務経験】 ・自治体での監査実務経験がわずかでもある方が望ましい。 資金不足比率の審査(地方公共団体の財政の健全化に関する法律第22条第1項) を経営する地方公共団体の長は、毎年度、当該公営企業の前年度の決算の提出を受けた後、速やかに、資金不足比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類を監査委員の審査に付し、その意見を付けて当該資金不足比率を議会に報告し、かつ、当該資金不足比率を公表しなければならない。 )第168条の4第3項又は地方公営企業法施行令(昭和27年政令第403号)第22条の5第3項の規定により、指定金融機関等に対する検査の結果について、会計管理者又は企業管理者に対して報告を求めることができる。

10

【自治体】監査基準(案)、実施要領の公表 内部統制制度の導入実施ガイドラインの公表(更新)

基準 自治体 監査

法239令170~170の5 イ 物品の購入手続、価格、規格は適切か。

16

内部統制の準備を今すぐしないと平成32年施行に間に合わない(遅すぎる自治体内部統制の工程表)

基準 自治体 監査

第1節 一般基準 (基本方針) 第2条 監査委員は、公正で合理的かつ能率的な町の行政運営確保のため、違法、不当の指摘にとどまらず、指導に重点を置いて監査等を実施し、もって町行財政の適法性、効率性、有用性の増進に 努めるものとする。 しかしながら、昭和38年の地方自治法の大改正においても、平成3年の大改正においても、監査基準制定の根拠規定は設けられなかった。 ところで、わが国の地方自治体監査制度は、ほとんどの自治体(人口25万人未満の市町村)で、2名の監査委員(1名は議会選出の地方議員)とそれを支えるごく少数(人口数万の自治体であれば多くて2人年)の監査委員事務局職員で実践されているという構造にある。

6