文部 科学 省 学習 支援。 文部科学広報

留学生受入れ促進プログラム(旧文部科学省外国人留学生学習奨励費給付制度)

支援 学習 文部 省 科学

各学年・科目の教材を、 Z会の受講有無を問わず、どなたでも 登録不要でダウンロードし、活用いただけます。 苅田 知則氏 愛媛大学 教育学部・教授• (注)「土曜学習応援団」となっていますが、プログラムの実施は土曜日に限られません。 (最終閲覧日:2020年4月26日) 新型コロナウイルスの感染拡大は教育現場にも大きな影響を与えており、対応に追われている先生も多いのではないでしょうか。

3

小学校における学習支援コンテンツ:文部科学省

支援 学習 文部 省 科学

「土曜学習応援団」は、土曜日をはじめとして、夏休み、冬休み、平日の授業や放課後等に出前授業や施設見学等を、企業・団体・大学等にご提供いただくことで、特色・魅力ある教育活動を推進しています。

14

令和2年度「障害者の生涯学習支援活動」に係る文部科学大臣表彰について:文部科学省

支援 学習 文部 省 科学

) ・マイナンバーカードの写し等(マイナンバーカードの写しまたはマイナンバーが記載された住民票の写し等) 注)通知カードの記載事項(氏名、住所、生年月日、性別、個人番号)を変更すべき事由が発生しておらず、記載事項に変更がない場合、または、デジタル手続法の施行日(令和2年5月25日)以前に通知カードの変更手続が完了している場合に限り、マイナンバーカードの写しの代わりに通知カードの写しを添付することができます。

2

令和2年度「障害者の生涯学習支援活動」に係る文部科学大臣表彰について:文部科学省

支援 学習 文部 省 科学

7.不登校児童生徒の登校に当たっての受入体制 不登校児童生徒が登校してきた場合は,温かい雰囲気で迎え入れられるよう配慮するとともに,保健室,相談室及び学校図書館等を活用しつつ,徐々に学校生活への適応を図っていけるような指導上の工夫が重要であること。 障害のある子供たちが円滑に次のステージに進めるような取組の充実 (7)小学校等における障害者に対する理解を促進する取組の充実 (8)大学等における障害のある学生の修学支援の在り方について、検討結果を取りまとめた「第二次まとめ」に関する周知、取組の充実 障害のある方々が、生涯を通じて教育やスポーツ、文化に親しむ機会を持てるよう、省を挙げて支援に取り組んでまいります。

15

令和2年度「障害者の生涯学習支援活動」に係る文部科学大臣表彰式

支援 学習 文部 省 科学

「休校中の家庭学習について悩んでいる」というご家庭はぜひ、参考になさってください。 そのため利用者は、紹介されているリンクの中から面白いコンテンツを探さなければいけません。

文部科学省LINE公式アカウント「文部科学省 子供の学び応援」がコンテンツ追加&「LINE Study」へのリニューアル ソーシャルデータバンクがプラットフォームを提供/教育ニュース

支援 学習 文部 省 科学

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、全国の学校で臨時休校が続いています。 文部科学省事業「障害者の多様な学習活動を総合的に支援するための実践研究」では、障害者の生涯学習活動の関係者を集めた『共に学び、生きる共生社会コンファレンス』を、全国ブロック別に行っています。 また,不登校児童生徒に対する適切な対応のために,各学校において中心的かつコーディネーター的な役割を果たす教員を明確に位置付けることが必要であること。

留学生受入れ促進プログラム(旧文部科学省外国人留学生学習奨励費給付制度)

支援 学習 文部 省 科学

また,国の実施する中学校卒業程度認定試験の活用について,やむを得ない事情により不登校となっている生徒が在学中に受験できるよう,不登校生徒や保護者に対して適切な情報提供を行うことが重要であること。 文部科学省は「子供の学び応援」を設けた目的として、新型コロナ感染症の影響を受け学習機会が減っている児童や生徒への支援を標榜しています。

9

【文科省がおススメ】学習支援コンテンツ(小学生~高校生向け)

支援 学習 文部 省 科学

3.中学校等卒業後の就学・就労や「ひきこもり」への支援 中学校時に不登校であり,中学校卒業後に進学も就労もしていない者,高等学校へ進学したものの学校に通えない者,中途退学した者等に対しては,多様な進学や職業訓練等の機会等について相談できる窓口や社会的自立を支援するための受皿が必要であること。 草羽 俊之氏 特定非営利活動法人エス・アイ・エヌ 集いの場あゆみ:広島県• 文部科学省では、このような観点から昨年12月に「文部科学省が所管する分野における障害者施策の意識改革と抜本的な拡充」を公表しました。 (4)家庭への支援 家庭教育は全ての教育の出発点であり,不登校児童生徒の保護者の個々の状況に応じた働き掛けを行うことが重要であること。