幸 若 舞 敦盛。 織田信長公の最高の舞は「幸若舞」の「敦盛」私はこう感じた!

幸若舞

若 舞 敦盛 幸

此時、信長敦盛の舞を遊ばし候。 直実がいざ頸を討とうと組み伏せたその顔をよく見ると、間もない紅顔の若武者。 熊谷、承つて、「さては、上臈は、桓武の御末にて御座ありけるや。

これを知ると、『平家物語』「敦盛の最期」の意味がよく分かる!

若 舞 敦盛 幸

持国天・増長天・広目天・多聞天の四天王がいる場所。 道の辺りの白骨は、砂子を撒くがごとく也。 神明の納受、仏陀の感応を待つところによつて、七日が内にこれを見る。

人間五十年

若 舞 敦盛 幸

武蔵の国の住人、私の党の旗頭、熊谷の次郎直実、敵にをひては、良き敵候ぞ。

5

敦盛 (幸若舞)

若 舞 敦盛 幸

なお敦盛の動画は、地元のアマチュアカメラマンによって撮られた(平成21年)の舞が、約2分15秒に編集されてに紹介されている。 送りの者申。

9

織田信長公の最高の舞は「幸若舞」の「敦盛」私はこう感じた!

若 舞 敦盛 幸

その時の記録がCD、およびDVDとして、のより刊行されている。 挿絵:ゲームソフト「信長の野望・大志」ゲーム画面より 幸若舞『敦盛』 直実が出家する場面 思へばこの世は常の住み家にあらず 草葉に置く白露、水に宿る月よりなほあやし 金谷に花を詠じ、榮花は先立つて無常の風に誘はるる 南楼の月を弄ぶ輩も 月に先立つて有為の雲にかくれり 人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり 一度生を享け、滅せぬもののあるべきか これを菩提の種と思ひ定めざらんは、口惜しかりき次第ぞ 歌詞の意味 思えばこの世は無常である 草葉についた水滴や、水に映る月より儚いものだ 晋で栄華を極めた金谷園(きんこくえん)も風に散り 四川・南楼の月に興じる者も 変わりゆく雲に被われ姿を消した 人間界の50年など 下天(化天)での時の流れと比べれば 夢や幻も同然 ひとたび生まれて 滅びぬものなどあるはずがない これを悟りの境地と考えないのは 情けないことだ 下天(化天)とは? 下天とは、仏教の六道(ろくどう/りくどう)のうち、一番上の世界である天道の中で、一番下の世界である四大王衆天を指している。

14

幸若舞の世界(人間五十年 夢幻の如くなり)

若 舞 敦盛 幸

-『』 人生は五十年。

10

幸若舞とは

若 舞 敦盛 幸

「化天」は、六欲天の第五位の世化楽天で、一昼夜は人間界の800年。

19

これを知ると、『平家物語』「敦盛の最期」の意味がよく分かる!

若 舞 敦盛 幸

次郎もろとも討ち取らむ」との声が上がり始めたため、直実はやむを得ず敦盛の頸を討ち取った。

15

幸若舞

若 舞 敦盛 幸

弓手を見てあれば、成田、平山控へたり。 延宝5 (1677年)、幸若直良著、桃井龍雄による写。

3