か ぞ く の くに。 測量に関するミニ知識

国譲り

く か の くに ぞ

日本語 [ ] [ ]• 建御名方神の服従 [ ] 建御雷神が「事代主神は承知したが、他に意見を言う子はいるか」と大国主神に訊ねると、大国主神はもう一人の息子の (たけみなかた)にも訊くよう言った。 注意事項• 2020年11月25日更新• 2019年7月27日閲覧。 しかし、強暴な悪い神々 がいるので、先に行ってこれを平定せよ」と命じて、彼に天鹿児弓(あまのかごゆみ)・天真鹿児矢(あまのまかごや)を授けて地上へ遣わした。

1

国譲り

く か の くに ぞ

出雲国造神賀詞 [ ] (大己貴神) 『』では記紀と少し異なる国譲り神話が語られている。

9

国譲り

く か の くに ぞ

大国主神の子でありながらその系譜には名前が見られず、国譲りの場面にも唐突に出てくる。 : 국• 酸素マスクをつけていると航空カメラの操作が非常にやりにくいうえ、気圧差による肉体的疲労度も高かったそうです。 : 6015 3• 諏訪大社はの南にある上社(かみしゃ)と、その北にある下社(しもしゃ)の2社から成る。

6

測量に関するミニ知識

く か の くに ぞ

私もそれに違反しません」と答えて、海の中に八重蒼柴籬(やえあおふしかき)を作り、船の端を踏んで姿を消した。 強風に吹き飛ばされた魚の血や、ニムロドを騙すためにがつけた血とする異伝もある。 先代旧事本紀(第三巻 天神本紀) [ ] 『先代旧事本紀』に見られる国譲り神話 は『古事記』と『日本書紀』の記述を組み合わせたと思われるものでそれらとほぼ同様だが、大きな違いのいくつかは以下の通りである。

3

国譲り

く か の くに ぞ

この説においては、物部氏の没落後に香取神宮とは別に新たな軍事と祭祀の基地が要求された結果、鹿島神宮がヤマト王権の勢力下に入った。 中世前期の諏訪大社の縁起は当時広く読まれていなかった『古事記』や『日本書紀』の影響なしに成立したものと考えられている。

測量に関するミニ知識

く か の くに ぞ

天之麻迦古弓の別名。 : kwuk 人名 [ ]• 『』編、文部省社会教育局、1933年、131-151頁。

17

測量に関するミニ知識

く か の くに ぞ

「テ」は方向を示す。

5

く か の くに ぞ

それをどう思うか」と訊ねた。

4