おく の ほそ 道 平泉。 森村誠一サスペンス おくのほそ道迷宮紀行|TBSテレビ:月曜名作劇場

中学校国語 古文/おくのほそ道

の 平泉 道 おく ほそ

「 卯の花に兼房みゆる白毛かな 」: 白い卯の花を見ていると、白髪の兼房が槍をふるって戦っている姿が脳裏に浮かんでくることだ。 「邯鄲(かんたん)の枕」の「一炊」の故事から取った表現。

5

奥の細道『平泉』現代語訳

の 平泉 道 おく ほそ

『奥の細道』平泉の意味を解説!芭蕉はなぜ泣いた? 本作の旅の目的地は、平泉であったといわれています。 国守 こくしゅ 再興 さいこう せられて、宮柱 みやばしら ふとしく彩椽 さいてん きらびやかに、石の階 きざはし 九仞 きゅうじん に重(かさ)なり、朝日 あさひ あけの玉 たま がきをかかやかす。

1

「おくのほそ道」全文

の 平泉 道 おく ほそ

(がっさん) 八日、 がっさん にのぼる。 三尊の佛:阿弥陀三尊像のこと。 猶 なお 憚 はばかり 多くて筆(ふで)をさし置 おき ぬ。

10

中学校国語 古文/おくのほそ道

の 平泉 道 おく ほそ

(にっこう) 卯月 うづき 朔日 ついたち 、御山 おやま に詣拝 けいはい す。 こなた ・・・ こっち。 行尊(ぎょうそん)僧正の歌の哀れもここに思ひ出でて、なほまさりて覚ゆ。

松尾芭蕉が「奥の細道」平泉で感じたこと★無常観が表れた2つの名句を味わおう

の 平泉 道 おく ほそ

他はみな戦火で焼失してしまった。 芭蕉の「おくのほそ道」旅立ちの日付と「曽良日記」の日付が違う。 芭蕉たちの旅の期間が夏の前後なので、この句が「天の河」から秋の句だと分かる。

11

奥の細道平泉

の 平泉 道 おく ほそ

暫時千歳の記念とはなれり。

13

【中学国語】古文「おくのほそ道」の要点・問題

の 平泉 道 おく ほそ

「夏草や……」と始まるあの俳句ですね。 芭蕉とともに門人の曾良も歌を詠みます。 その間 あい 二里 にり あまり、雄嶋 おじま の磯 いそ につく。

5

『おくのほそ道』の13:最上川乗らんと

の 平泉 道 おく ほそ

予もいづれの年よりか、片雲の風にさそはれて、漂泊の思ひやまず、海浜にさすらへ、去年の秋、江上の破屋に蜘蛛の古巣はらひて、やや年も暮れ、春立てる霞の空に白河の関越えんと、そぞろ神の物につきて心をくるはせ、道祖神の招きにあひて、取るもの手につかず、股引の破れをつづり、笠の緒付けかへ、三里に灸すうるより、松島の月まづ心にかかりて、住めるかたは人に譲り、杉風が別墅に移るに、 「草の戸も住み替はる代ぞ雛の家」 表八句を庵の柱に懸け置く。 (この夏草を眺めていると、すべてが夢と消えた儚さに心が誘われるなあ) 自然(夏草)と人事(兵どもが夢の跡)が、対比的に用いられています。

6