デヴィッド ボウイ 京都。 ドキュメンタリー「デヴィッド・ボウイの愛した京都」、さらに7分のダイジェスト映像が公開に

親日家デヴィッド・ボウイ、阪急京都線に乗る姿【画像】|feely(フィーリー)

京都 デヴィッド ボウイ

スターダムにのし上がった1970年代後半、プレッシャーなどからドラッグの誘惑に苛まれ、ベルリンに移り音楽活動をしていた時期がありました。

8

晦庵 河道屋 ― デヴィッド・ボウイゆかり…京都市中京区の庭園。

京都 デヴィッド ボウイ

また仏教や禅に造詣が深かったようです。 五山送り火で有名な船山の南側に位置しています。 一番人気はもちろん「天ざる」。

京都の飲み屋で「デヴィッド・ボウイ」に会った京大生の話

京都 デヴィッド ボウイ

ボウイの私的写真は珍しく、写真は1970年代から90年代半ばに 撮影されたとみられ、妻と寺院で座禅し、夜に祇園祭の 山鉾を見物したり、京都の伝統文化に浸る姿とともに、庭木に 登って笑う飾らない一面も見せ、世界的スターの素顔が写されています。 暮らしに溶け込む店の一角で、一体どんな言葉が交わされたのだろう。

12

親日家デヴィッド・ボウイが涙した京都の庭園

京都 デヴィッド ボウイ

なかには地図に載っていない道も。 アマチュア時代からスタイリストがメンバーとして在籍。

4

親日家デヴィッド・ボウイ、阪急京都線に乗る姿【画像】|feely(フィーリー)

京都 デヴィッド ボウイ

本堂まではおよそ250メートル。 刈り込みが美しい庭の方丈前には数人がいましたが、みな庭を観ており、沈黙だけが心地よい空間を作っていました。

8

親日家デヴィッド・ボウイ、阪急京都線に乗る姿【画像】|feely(フィーリー)

京都 デヴィッド ボウイ

彼を永遠の紳士と形容する人がいました。 ローリング・ストーン誌では、彼のことをこう説明しています。

6