タナベ シャチ ブリ。 シャチブリ目

Coverfishes2018

シャチ ブリ タナベ

Proceedings of the United States National Museum, 25 1303 : 743-766. japonicusのであると認めた。

タナベシャチブリ

シャチ ブリ タナベ

, 2016). ゴテンアナゴはマアナゴ( Conger myriaster)よりもやや太短く,上下の顎は等長で頭がやや肥大します.また,眼の後縁に上下2個の濃褐色の斑点がある,尾鰭は白い,背鰭起部は胸鰭基底の上方か胸鰭中央の上方にあるなどの特徴をもちます(阿部,1989).本種は日本では房総半島から九州南岸の太平洋沿岸,瀬戸内海,新潟県から九州北西岸の日本海・東シナ海(散発的)の,浅海の砂泥底から砂底に生息します(波戸岡,2018).土佐湾でのおもな生息水深は20-30 mですが(遠山・堀川,1984),東シナ海における生息水深は100 m前後と深く,200 m付近からの漁獲例もあります(山田ほか,2007).さらに,東シナ海大陸棚縁辺などの深みには黒い胸鰭をもつ個体が多く,沿岸域の浅海では白色(生時には透明)の胸鰭をもつものが多い傾向にあることが報告されています(山田ほか,2007). ゴテンアナゴの学名は,以前には Anago anago Temminck and Schlegel, 1847 が使用されていました.しかし, Conger anago Temminck and Schlegel, 1847のレクトタイプ RMNH 3682b の調査や原記載の検討の結果, C. Ateleopus purpureus Tanaka, 1915• シャチブリ科1科のみで構成され、4属のもとに12または13種を含む。 こんな魚です。 に棘条をもたない。

13

月例

シャチ ブリ タナベ

しかし、2000年代以降に実施された多くの解析は、シャチブリ類は他のすべてのNeoteleostei(新真骨類:円鱗上目=以降のすべてのを含むグループ)のであることを示唆している。 島田和彦. 2013. カゴカキダイ科. 中坊徹次(編),pp.1076,2038. 日本産魚類検索 全種の同定,第三版.東海大学出版会,秦野. Yagishita, N. もくじ• tosaensisなど近似種との誤同定の可能性が高いことが指摘されています(Matsunuma et al. Acta Zootaxonomica Sinica, 8: 317—322. 日本近海からはこれまでに6種が知られ、底曳網などでまれに漁獲される。

12

シャチブリ目

シャチ ブリ タナベ

vermiculata Sakamoto, 1932 の2種が分布します Jackson and Nelson, 2006; 中坊・甲斐, 2013. オオシャチブリ属• 更に全国の地震や震源の情報がまとめられている「気象庁一元化震源データ」を元に、上記の「発見」から30日後までに、発見場所から半径100キロ以内が震源となったマグニチュード6以上の大規模地震を調べました。

15

シャチブリ(平成28年3月14日)

シャチ ブリ タナベ

, 2018).また,日本からはホウライエソ Chauliodus sloani Bloch and Schneider, 1801とヒガシホウライエソ Chauliodus macouni Bean, 1890の2種が知られています(Gibbs, 1986;藍澤, 2018).本属は体が細長く,体側に5縦列の六角形の鱗状紋があり,体表が薄いゼラチン状の膜に覆われる,背鰭基部が臀鰭基部のはるか前方に位置する,背鰭第1棘が著しく伸長する,ひげがないか非常に短いなどの特徴をもちます.また,本属は口が大きく,前方には著しく長い牙状の歯をもち,上顎の後方には小さな櫛状の歯を有します(藤井, 1984;Gibbs, 1986;Harold, 1999).さらに,頭と顎が上へ跳ね上がるような構造になっており,その力を利用して捕らえた餌を飲み込みます(尼岡, 2009).また,本属は仔魚期には夜になると水面近くまで鉛直移動をすることも知られています(Gibbs, 1986;Harold, 1999). ホウライエソは西地中海で採集された1標本に基づき,Bloch and Schneider(1801)によって記載され,同時に本種をタイプ種としてSchneider(1801)がホウライエソ属 Chauliodus を設立しました.本種のホロタイプは発見当初,Shaw and Nodder(1798)により誤ってカワカマス属の1種 Esox stomias と同定されていました(Eschmeyer et al. The sympatric occurrence of the carapid fishes Pyramodon ventralis and P. tanabensis Tanaka 1918,そしてシログチシャチブリ A. In Chinese with English summary 遠藤広光.2018.ギンメダイ科.中坊徹次(編),p.157.小学館の図鑑Z 日本魚類館 精緻な写真と詳しい解説. 小学館, 東京. 藤原昌髙,2015.おいしいマイナー魚介図鑑.マイナビ出版,東京.322pp. alata Houttuyn, 1782 ,トゲカナガシラ L. 分布・生態 [ ] シャチブリ目の魚類はすべてで、から東部、から西部、および・沖の東部太平洋に分布する。 三枚におろすのは困難で、骨付きのままぶつ切りにして調理するのがお勧め。

14

タナベシャチブリ

シャチ ブリ タナベ

Polymixia kawadae Okamura et Ema sp. の基底は短く、軟条は3-13本。

8