小川 直也 橋本 真也。 橋本真也

橋本真也vs.小川直也から20年。『負けたら即引退!』による光と影。

橋本 小川 真也 直也

橋本と小川は出会いこそ因縁めいた出会いでしたが、戦いを通して互いを認め合っていきました。 相手をに捕らえ、背中からマットに倒れこんで相手の胴を両足で挟み込み絞め上げる トライアングルサブミッション 小川直也のオリジナルサブミッション。

4

大阪ドームのプロレスこけら落としは「橋本真也が小川直也を失神KO」だった…金曜8時のプロレスコラム(スポーツ報知)

橋本 小川 真也 直也

断食を。 (2002年)• 2004年にPRIDEに参戦して連勝した後、世間の注目が上がりの依頼も殺到した。

小川直也戦の橋本真也は責任感が強すぎた 蝶野正洋が振り返る平成プロレス/蝶野コラム/リング/デイリースポーツ online

橋本 小川 真也 直也

続く全日本選手権では準々決勝で金野に2-1の微妙な内容で判定勝ちすると(ちなみに、当時の全日本監督である山下泰裕はこの試合で主審を務めていたが、金野の方に旗を揚げた)、準決勝では会社の後輩であるJRAのを横四方固で破り、決勝ではのから掬投で一本勝ちして2年連続7度目の優勝を飾るとともに、代表に選ばれた。

5

小川直也戦の橋本真也は責任感が強すぎた 蝶野正洋が振り返る平成プロレス/蝶野コラム/リング/デイリースポーツ online

橋本 小川 真也 直也

(勝俣州和)もともと橋本はタイガーマスクになりたかったの。 橋本の時は、自己判断しかなかった。

12

破壊王橋本真也時代を駆け抜けた選手小川直也との出会い · プロレスリング☆チャンネル

橋本 小川 真也 直也

2007年12月20日、「GENOME2」のメインイベントでと対戦。 この時代は勝っても負けても柔道王・小川が主役だった。

1

橋本真也が小川直也にシュートを仕掛けられた時、なんでやり返さなかったのです...

橋本 小川 真也 直也

試合を重ね、合体技として「刈龍怒(かりゅうど)」(小川のSTOと橋本の水面蹴りを合わせた合体技)、「オレごと刈れ」(ジャーマン・スープレックスをかける橋本に相手ごとSTOをかける技)といった技も開発していきました。 1989年 - 学生優勝大会 2位• もったいないですよ、あの後、橋本は新日からいなくなるんだから。 1995年 - 3位• どういう形であれ、他の人が相手だったら、小川直也かプロレスのどちらかが「死んで」いても不思議では無かったと考えます。

橋本真也

橋本 小川 真也 直也

プロレスラーとなってからは積極的なパフォーマンスでイメージ・チェンジに成功したが、普段は大変温厚で「クソ真面目」と言われるほどであり、小川と同様に柔道家から格闘家に転向した吉田秀彦も「派手なパフォーマンスとかギャグとか、あんなに話せる人だとは思わなかった」と柔道家時代とのギャップに驚いた旨を語っている。 脳幹出血で午前10時36分、病院で死亡が確認されました。

7

小川直也戦の橋本真也は責任感が強すぎた 蝶野正洋が振り返る平成プロレス/蝶野コラム/リング/デイリースポーツ online

橋本 小川 真也 直也

1993年4月の全日本選手権決勝では金野から足車で一本勝ちして5連覇を達成した。

5

四天王三沢光晴が闘魂三銃士橋本真也に発した。お前らの思う通りにはしねえよ、絶対! · プロレスリング☆チャンネル

橋本 小川 真也 直也

1995年 - 講道館杯優勝• そこで橋本とは親交のあり以前はワールドプロレスリングも担当していたプロデューサーである加地倫三氏が特番のプロデューサーを任されることになり、テレビ朝日は新日本プロレスの意向として橋本に引退をかけるように打診した。

19