相撲 先 場所 優勝。 大相撲平成31年1月場所

貴景勝が大関初優勝、照ノ富士との優勝決定戦制した

優勝 相撲 先 場所

2014年 平成26年 3月 東大関 14勝1敗 初優勝 通算100人目の優勝経験力士。 1959年 昭和34年 1月 東横綱 14勝1敗 3場所ぶり5度目 1959年 昭和34年 3月 西横綱 14勝1敗 5場所ぶり8度目 1959年 昭和34年 5月 東張横 14勝1敗 2場所ぶり6度目 栃錦との優勝決定戦を制す。

13

月刊相撲:待ったなし がっかりな11月場所=武藤久

優勝 相撲 先 場所

1928年 昭和3年 1月 東大関 10勝1敗 初優勝 と同点。 。

6

大相撲 大関 貴景勝が優勝 おととしの九州場所以来2回目

優勝 相撲 先 場所

2横綱、2大関が休場して一人大関となったが、重圧のかかる中でも出場最高位の責任を果たした。

6

大相撲令和2年9月場所

優勝 相撲 先 場所

1961年 昭和36年 11月 西横綱 13勝2敗 3場所連続4度目 1962年 昭和37年 1月 東横綱 13勝2敗 4場所連続5度目 1962年 昭和37年 3月 東張関 13勝2敗 5場所ぶり2度目 大鵬との優勝決定戦を制す。 1851年 嘉永4年 11月 西前6 六ッヶ峰 7勝1敗1分1休 嘉永5年 2月 東前7 8勝0敗1分1休 1852年 嘉永5年 11月 東前3 雲龍 7勝1敗1分1休 嘉永6年 2月 東前2 雲龍 6勝0敗1分1預2休 1853年 嘉永6年 11月 東前1 雲龍 8勝0敗2休 嘉永7年 2月 西前4 象ヶ鼻 8勝0敗2休 1854年 嘉永7年 11月 西前7 8勝0敗2休 安政年間 1855年 - 1860年 [ ] 場所 番付 四股名 成績 備考 2年 2月 - - - 回向院火災のため番付発表のみで中止。

10

朝乃山まさかの3連敗…先場所優勝の照ノ富士が初白星 貴景勝、3日目に土― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

優勝 相撲 先 場所

1989年 平成元年 5月 東張横 13勝2敗 2場所ぶり5度目 旭富士との優勝決定戦を制す。 弘化年間 1844年 - 1848年 [ ] 場所 番付 四股名 成績 備考 2年 2月 西大関 秀の山 関の戸 6勝0敗2分2休 関の戸は東前頭4、6勝0敗1分1無勝負2休。

2

先場所V争いの翔猿1敗「変わらず前に出る相撲を」

優勝 相撲 先 場所

1928年 昭和3年 3月 東大関 10勝1分 初優勝 不戦勝制度を正式に導入。 1988年 昭和63年 5月 東張横 14勝1敗 3場所ぶり23度目 1988年 昭和63年 7月 東横綱 15勝 2場所連続24度目 1988年 昭和63年 9月 東横綱 15勝 3場所連続25度目 1988年 昭和63年 11月 東横綱 14勝1敗 4場所連続26度目 1989年 元年 1月 東張横 14勝1敗 8場所ぶり4度目 旭富士との優勝決定戦を制す。 2020年 令和2年 5月 - - - - - 2019新型コロナウイルス感染拡大のため、番付発表のみして本場所中止。

4

月刊相撲:待ったなし がっかりな11月場所=武藤久

優勝 相撲 先 場所

1953年 昭和28年 9月 西横綱 14勝1敗 5場所ぶり6度目 1954年 昭和29年 1月 東大関 15勝 初優勝 場所後に横綱昇進。