ハラリ イスラエル。 現代の「知の巨人」、ユヴァル・ノア・ハラリ氏(『サピエンス全史』、『ホモ・デウス』、『21Lessons』)、“新型コロナウイルス”についてTIME誌に緊急寄稿!|河出書房新社のプレスリリース

小林喜光が読むハラリの「ホモ・デウス」

イスラエル ハラリ

50年前の1970年、KGBが2億4000万人のソ連市民の行動を24時間追跡することは不可能だったし、もしKGBが全市民の全情報を収集できたとしても、それを効率的に処理することなど望むべくもなかった。 著書『サピエンス全史』『ホモ・デウス』『21Lessons』(いずれも河出書房新社)は世界的なベストセラーとなっている。

11

イスラエルの超天才が予見するコロナ後の人類

イスラエル ハラリ

このように、新型コロナウイルス感染症の大流行は、公民権の一大試金石なのだ。 またゴエンカ式の瞑想コースは日本では京都と千葉で受けることができます。 アルゴリズムの精度が向上すれば、人間至上主義にかわって、データ至上主義が世界を席巻する可能性がある。

20

イスラエルの超天才が示す「歴史を学ぶ価値」

イスラエル ハラリ

だが、自らの行動の長期的な結果も考慮に入れるべきだ。 ユヴァル・ノア・ハラリ、訳 『サピエンス全史:文明の構造と人類の幸福』 河出書房新社、2016年。

コロナ危機、ハラリ氏の視座 「敵は心の中の悪魔」:朝日新聞デジタル

イスラエル ハラリ

家畜に関しても同様で、現代の家畜化された牛や鶏などはDNAの拡散という観点から見れば生物学的に大成功していると言えるけれど、個体としての心や感情は一切考慮されず、ただ製品として生み出され出荷されていきます。 本書ではこの想像上の秩序からはどうあがいても脱出することが出来ず、脱出したと思ってもそれは別の想像上の秩序に乗り換えただけに過ぎないと言っています。 全国民がリストバンド型の生体情報センサーの常時着用を義務づけられた2030年の北朝鮮を想像してほしい。

1

ユヴァル・ノア・ハラリとは何者か? 人類史の先に見据えるそのヴィジョン:#3「『サピエンス全史』の起源」

イスラエル ハラリ

プライバシーの問題は監視テクノロジーの問題に直結しており、ひいては民主的な社会の在り方にもつながっている。 その後オックスフォード大学のジーザス・カレッジに進み、Steven J. これは何を意味しているのか。 これが世界の新しい形となる。

3

イスラエルの超天才が予見するコロナ後の人類

イスラエル ハラリ

オックスフォード大学で中世史、軍事史を専攻して博士号を取得し、現在、エルサレムのヘブライ大学で歴史学を教えている。 2015年には、あの マーク・ザッカーバーグ Facebook 現CEO がハラリの著書である 『サピエンス全史』絶賛し、一躍有名になった。 あるいは、現代社会について考えるとき、日々起こり続ける膨大な事件の中で何が重要かを判断するのも簡単ではありません。

コロナ危機、ハラリ氏の視座 「敵は心の中の悪魔」:朝日新聞デジタル

イスラエル ハラリ

そしてそれは、グローバルな協力によってしか、効果的に解決しえない。

【まとめと要約】「サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福」 上巻 ユヴァル・ノア・ハラリ(著) レビュー

イスラエル ハラリ

・関節炎など身体の不適応 人類の体は狩猟採集生活に適応するように進化している。 具体的な史料をおろそかにせず、時代や社会という大きな対象を描き出す。

11