フラミンゴ ボーイ。 「フラミンゴボーイ」を読んであらすじ読書感想文を簡単に書いてみました

【フラミンゴボーイ】あらすじ・ネタバレ・読書感想文の書き方と例文

ボーイ フラミンゴ

フラミンゴの群れが生息するという南仏の大自然を舞台にした、信じられない物語ではありました。 ロレンゾは「カポカポ」と農場の母屋へ連れて行く途中 ゲジアは彼の足の事を聞くと 「ロシアで凍傷にかかり指を失くした。

9

『フラミンゴボーイ (児童単行本)』のレビュー マイケルモーパーゴ (図書館あきよしうたさん)

ボーイ フラミンゴ

1982年の夏、イギリスの青年ヴィンセント・モンタギューは、導かれるようにフランスのカマルグへと向かった。 フラミンゴボーイ もくじ 1 行き先は道まかせ 2 落ちてきた絵 3 どこにも着かない、長く、まっすぐな道 4 レンゾ、レンゾ 5 完璧なフラミンゴ 6 なぜいま、ここにこうしているのか 7 シャルボノーのメリーゴーラウンド 8 ラウンド、ラウンド 9 飛べ、フラミンゴ、飛べ 10 それが生きがい 11 占領 12 どうどうと続けていかなくちゃ 13 音楽が消えた日 14 新しい夜明け 15 ロレンゾのまえではだめなの 16 サギ、サギ 17 目にふれぬものは忘れられる 18 ロレンゾが消えた! 19 ドラゴンを殺す 20 アゴン、アゴン! 21 忍耐は美徳 22 ある事故、ある被害者 23 まるで奇跡 24 飛ぶレッスン 25 信じる 26 やつらはもどってくる 27 闇のなかの光 28 ドアをノックする音 29 とうとう自由に! 30 古い年は消え去り、新しい年がやってくる 31 最後の言葉 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 始まりは、一枚の絵。

フラミンゴボーイ【みんなの声・レビュー】

ボーイ フラミンゴ

そして、新しい時代の音楽を夢みてドイツ・ライプツィヒへと旅立つが……。 乗るのは主に子ども。

18

フラミンゴボ-イ / モーパーゴ,マイケル【著】〈Morpurgo,Michael〉/杉田 七重【訳】

ボーイ フラミンゴ

ロレンゾはきちんと話をするのは苦手だったが、心をよく読み、人も動物も癒やすことができ、何よりも完璧にフラミンゴになることができた。

9

『フラミンゴボーイ (児童単行本)』(マイケルモーパーゴ)の感想(19レビュー)

ボーイ フラミンゴ

本作品は、フランスの南部、フラミンゴの生息地カマルグが舞台となっている。 「釣った魚にもエサを与えなさい」と聞きますが、フラミンゴの世界でも美しさを維持することが夫婦円満の秘訣であるということでしょうか。 なおカマルグにはフラミンゴの一大繁殖地があるのでした。

10

フラミンゴボーイの通販/マイケル・モーパーゴ/杉田七重

ボーイ フラミンゴ

ナチスが侵攻してきたフランスで、何が起きたのか・・・。 フラミンゴの群れが生息するという南仏の大自然を舞台にした、信じられない物語ではありました。

6