セプテンバー さん 歌詞。 セプテンバーさん/RADWIMPSの歌詞

【RADWIMPS/セプテンバーさん】歌詞考察! どうしようもなく”セプテンバー”が愛おしいのはこの曲のせいだ。

歌詞 セプテンバー さん

しかし、魔法の効力が切れるのを待つのではなく気持ちを持続させていくつもりがあるならセプテンバーさんは立ち上がる。 さぁ今ならば この声ならば届く気がしたんだ 夏が散らかしてった心を 僕は紡ぐよ さぁいざ行こう そう今だから この声だから 響くセプテンバー 声が響きだす そこに意味はなくとも 君が笑い出す そこに夏はいなくとも OH セプテンバー OH セプテンバー OH セプテンバー OH セプテンバー 僕が笑える理由なら 今まさに目の前にいるよ こんな僕らを繋ぐのは そうさいつも 愛が語り尽くした想いを 僕は歌うよ 人は笑うよ でも今ならば この声ならば届く気がしたんだ 手と手をとれば揺れる心が 抱えた不思議 それはテレパシー さぁ今だから この声だから さぁ今ならば この声ならば こんな僕だけど そう君となら 何もないけれど そう今ならば この声ならば そう君となら 響く気がしたんだ あぁ この季節 とき が 語るもの あぁ この季節 とき が 繋ぐもの. 三浦透子 Shukusai feat Toko Miura — RADWIMPS. さぁ今ならば この声ならば届く気がしたんだ 夏が散らかしてった心を 僕は紡ぐよ さぁいざ行こう そう今だから この声だから 響くセプテンバー 声が響きだす そこに意味はなくとも 君が笑い出す そこに夏はいなくとも OH セプテンバー OH セプテンバー OH セプテンバー OH セプテンバー 僕が笑える理由なら 今まさに目の前にいるよ こんな僕らを繋ぐのは そうさいつも 愛が語り尽くした想いを 僕は歌うよ 人は笑うよ でも今ならば この声ならば届く気がしたんだ 手と手をとれば揺れる心が 抱えた不思議 それはテレパシー さぁ今だから この声だから さぁ今ならば この声ならば こんな僕だけど そう君となら 何もないけれど そう今ならば この声ならば そう君となら 響く気がしたんだ あぁ この季節 とき が 語るもの あぁ この季節 とき が 繋ぐもの. That magic, which seemed more real than the real thing, has already faded. 本物よりもリアルに見えた あの魔法はもう解けた けどギュっとすればキュンとなるあれは 夏のおかげなんかじゃない (中略) 夢が語りつくした希望を 僕は拾うよ 君は見てるの? さぁ今ならば この声ならば届く気がしたんだ 夏がちらかしてった心を 僕は紡ぐよ さぁいざ行こう そう今だから この声だから 響くセプテンバー セプテンバーさん 作詞 野田洋次郎 あの燃え盛るような季節が終わって、空の色は乾いていってしまった。

4

RADWIMPS セプテンバーさん 歌詞

歌詞 セプテンバー さん

その 表現の美しさには、感動すら覚える。 RADWIMPSさん『セプテンバーさん』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 。

セプテンバーさん/RADWIMPSの歌詞

歌詞 セプテンバー さん

セプテンバーさん はApple Musicにて視聴可能である。

セプテンバーさんの歌詞

歌詞 セプテンバー さん

しかし、そんな魔法頼みで結ばれたカップルは続かない事が多い。

4

セプテンバーさん

歌詞 セプテンバー さん

2人に手を差し伸べる為に。 一人 ひとりのために 描 えがいた 夢 ゆめを 誰 だれかに 使 つかいまわした そんなこともあるさと 笑 わらえる 僕 ぼくもきっとセプテンバー 『 夏 なつ』ってだけでキラキラしてた あの 気持 きもちが 好 すきなの 「もう 少 すこしだけここにいさせて」そんな 顔 かおで 僕見 ぼくみるの でも 君 きみが 笑 わらえる 理由 りゆうなら 僕 ぼくが 見 みつけてきてあげる こんな 二人 ふたりを 繋 つなぐのは きっとなんでもないセプテンバー 本物 ほんものよりもリアルに 見 みえた あの 魔法 まほうはもう 解 とけた けどギュっとすればキュンとなるあれは 夏 なつのおかげなんかじゃない 湿 しめる 空 そらが 乾 かわく 色 いろを きっとパパは 探 さがしていたの そんな 時 ときに 一人 ひとりぽつんと 疼 うずくまってたセプテンバー OH オー セプテンバー OH オー セプテンバー OH オー セプテンバー OH オー セプテンバー 夢 ゆめが 語 かたりつくした 希望 きぼうを 僕 ぼくは 拾 ひろうよ 君 きみは 見 みてるの? だから「夏ってだけでキラキラしてた~~そんな顔で僕みるの」のような歌詞は まさに夏が終わった9月も、夢や希望が溢れた8月が終わっても、一緒にいようよっていう気持ちの現れだと思います。 いまだに初めてこの曲の歌詞を読んだ時の衝撃は忘れることができない。

16

【RADWIMPS/セプテンバーさん】歌詞考察! どうしようもなく”セプテンバー”が愛おしいのはこの曲のせいだ。

歌詞 セプテンバー さん

私なりの解釈ですが・…あしからず。 だけどそんな今だからこそ、夏のおかげなんかじゃない、君への想いを歌にできる。

セプテンバーさんの歌詞

歌詞 セプテンバー さん

それはRADWIMPS、野田洋次郎の趣を解する感性のせいであり、美しすぎる表現のせいであり、どこか懐かしいギターフレーズのせいでもある。 懐かしいようでいて、一度聴いたら忘れられない不思議な中毒性がある。 『夏』ってだけでキラキラしてた あの気持ちが好きなの 「もう少しだけここにいさせて」そんな顔で僕見るの でも君が笑える理由なら 僕が見つけてきてあげる こんな二人を繋ぐのは きっとなんでもないセプテンバー セプテンバーさん 作詞 野田洋次郎 この曲が言わんとすることは、相当に 抽象的だ。