中学校 学習 指導 要領 保健 体育。 体育・保健体育学習指導案(単元計画・時案)作成支援ツール

コラム2 学習指導要領における技術・家庭,保健体育の変遷

体育 要領 学習 保健 中学校 指導

(1) 次の運動について,記録の向上や競争の楽しさや喜びを味わい,各種目特有の技能を身に付けることができるようにする。

19

中学校「保健体育科の目標」解説を縦横に読む | Note&Board

体育 要領 学習 保健 中学校 指導

なお,本稿は,「」(2018年3月1日に利用)に基づいて,原本を加工し作成しています。 イ 鉄棒運動では,支持系や懸垂系の基本的な技を滑らかに安定して行うこと,条件を変えた技,発展技を行うこと,それらを構成し演技すること。 B 器械運動• また,薬物は,覚せい剤や大麻等を取り扱うものとする。

12

東山書房 / 中学校学習指導要領 保健体育編

体育 要領 学習 保健 中学校 指導

エ バタフライでは,手と足,呼吸のバランスを保ち,安定したペースで泳ぐこと。

7

中学校「保健体育科の目標」解説を縦横に読む | Note&Board

体育 要領 学習 保健 中学校 指導

(10) 保健分野の指導に際しては,知識を活用する学習活動を取り入れるなどの指導方法の工夫を行うものとする。 基本的には次のように単元をいくつかの段階に分け、児童生徒が単元目標を実現するための順序性を持った学習の道すじを工夫することが大切です。 そして,昭和60(1985)年の「女子に対するあらゆる差別の撤廃条約」の批准を受けて,平成元(1989)年告示の学習指導要領においては,中学校の技術・家庭科では,男子と女子で履修領域の範囲に差異を設けている扱いを改め,男女同一の扱い 2をするとともに,高等学校の家庭科では,男女ともに必修の教科とされた。

14

第2章 各教科 第7節 保健体育:文部科学省

体育 要領 学習 保健 中学校 指導

オ 「E球技」の(1)の運動については,第1学年及び第2学年においては,アからウまでをすべての生徒に履修させること。 ウ 相撲では,相手の動きの変化に応じた基本動作から,基本となる技や得意技を用いて,相手を崩し,投げたりひねったりするなどの攻防を展開すること。 また、第3学年の「国際的なスポーツ大会の意義と役割」、「〔クローズアップ〕オリンピック・パラリンピックを学ぼう」(p. この設定については国立教育政策研究所の 「評価規準の作成、評価方法の工夫改善のための参考資料」 を参考にします。

16

コラム2 学習指導要領における技術・家庭,保健体育の変遷

体育 要領 学習 保健 中学校 指導

ゲームではより的確な状況判断、予見の能力、作戦の工夫や個人の責任及びダブルスにおけるパートナーとの協力性なども育成できる。 (1) 次の運動について,記録の向上や競争の楽しさや喜びを味わい,泳法を身に付けることができるようにする。 (1) 次の運動について,感じを込めて踊ったりみんなで踊ったりする楽しさや喜びを味わい,イメージをとらえた表現や踊りを通した交流ができるようにする。

11

中学校「保健体育科の目標」解説を縦横に読む | Note&Board

体育 要領 学習 保健 中学校 指導

イ 鉄棒運動では,支持系や懸垂系の基本的な技を滑らかに行うこと,条件を変えた技,発展技を行うこと,それらを組み合わせること。 (3) 内容の「A体つくり運動」から「Gダンス」までの領域及び運動の選択並びにその指導に当たっては,地域や学校の実態及び生徒の特性等を考慮するものとする。

7

東山書房 / 中学校学習指導要領 保健体育編

体育 要領 学習 保健 中学校 指導

(2) 武道に自主的に取り組むとともに,相手を尊重し,伝統的な行動の仕方を大切にしようとすること,自己の責任を果たそうとすることなどや,健康・安全を確保することができるようにする。 F 武道• また,応急手当には,心肺蘇生等があること。

8

東山書房 / 中学校学習指導要領 保健体育編

体育 要領 学習 保健 中学校 指導

また,武道場などの確保が難しい場合は指導方法を工夫して行うとともに,学習段階や個人差を踏まえ,段階的な指導を行うなど安全の確保に十分留意すること。 (7) 内容の(4)のイについては,食育の観点も踏まえつつ健康的な生活習慣の形成に結び付くよう配慮するとともに,必要に応じて,コンピュータなどの情報機器の使用と健康とのかかわりについて取り扱うことも配慮するものとする。

8