社会 保障 審議 会 医療 保険 部会。 社会保障審議会医療保険部会(1月9日)/「現行の一割負担の継続」を改めて主張─鈴木常任理事

社会保障審議会とは

審議 部会 会 医療 保険 保障 社会

このため社会保障審議会傘下に政令で定めた分科会があるほか、医療、医療保険、年金などの部会や、必要に応じて特別部会などが設けられる。

4

社会保障審議会とは

審議 部会 会 医療 保険 保障 社会

1.医療提供体制について・医療計画・在宅医療など• - - 第6回 2002年2月6日 (平成14年2月6日) -• 2001年(平成13)の中央省庁再編に伴い廃止された社会保障制度審議会の後継組織で、人口問題審議会、年金審議会、厚生統計協議会、医療審議会、中央社会福祉審議会、身体障害者福祉審議会、中央児童福祉審議会、医療保険福祉審議会という八つの審議会を統合して誕生した。 令和2年度診療報酬改定の基本方針 - - 第71回 2019年12月9日 (令和元年12月9日)• - 第11回 2005年5月25日 (平成17年5月25日) -• 次期診療報酬改定の基本方針の検討について• 制度改正に向けた議論(持分なし医療法人への移行促進策の延長等)等• 訪日外国人旅行者等に対する医療の提供に関する検討会」における議論の整理について• 2.次回の診療報酬改定に向けた検討について• 第19回 2005年11月10日 (平成17年11月10日) -• 2.特定機能病院の更新制について• 医療従事者の需給に関する検討会 看護職員需給分科会の中間とりまとめについて 第69回 2019年10月21日 (令和元年10 月21日)• 1医療計画の見直し等に関する検討会における議論等について• 『経済財政運営と改革の基本方針2019』、『成長戦略(2019年)』及び『規制改革実施計画』について 第66回 2019年4月24日 (平成31年4月24日)• オンライン診療の適切な実施に関する指針について(報告)• 第14回 2005年6月29日 (平成17年6月29日) -• 医師の働き方改革に関する検討会における議論について• 2.NDBの第三者提供制度の施行等について -• 特定機能病院及び地域医療支援病院の見直しについて 第67回 2019年7月18日 (令和元年7月18日)• 専門医に関する検討状況について(日本専門医機構からの報告)• 地域医療連携推進法人制度(仮称)の創設及び医療法人制度の見直しについて• 医師偏在対策について(医師需給分科会とりまとめ)• まず、3月の第126回医療保険部会において「大病院への患者集中を防ぎかかりつけ医機能の強化を図るための定額負担の拡大」と「薬剤自己負担の引上げ」を審議。

4

社会保障審議会医療保険部会(1月9日)/「現行の一割負担の継続」を改めて主張─鈴木常任理事

審議 部会 会 医療 保険 保障 社会

3.被用者保険の適用拡大について• その他• 第42回 2015年11月19日 (平成27年11月19日)• 医師の働き方改革について 第70回 2019年11月18日 (令和元年11月18日)• 第63回 2018年7月27日 (平成30年7月27日)• 医療機能情報提供制度の報告項目の改正について• 第118回 2019年6月12日 (令和元年6月12日)• 3.「妊産婦に対する保健・医療体制の在り方に関する検討会」議論の取りまとめについて(報告)• 設置法(平成11年法律97号)に基づいて内に設置されたの一つ。 医療法及び医師法の改正法案について(検討中の内容)• 無痛分娩の実態把握及び安全管理体制の構築について(報告)• 1.一般病床の機能分化について• 第20回 2005年11月24日 (平成17年11月24日) -• 統計分科会• (2).マイナンバーカードの普及とマイナンバーの利活用の促進に関する方針について(報告)• 医政局関連予算・税制について• のの機能は,厚生労働省発足に伴い社会保障審議会に引き継がれた。

18

社会保障審議会とは

審議 部会 会 医療 保険 保障 社会

2.その他• 新たな専門医の仕組みの準備状況について• 第60回 2018年2月28日 (平成30年2月28日)• その他• 2新たな医療の在り方を踏まえた医師・看護師等の働き方ビジョン検討会報告書について• 4.オンライン資格確認等システムの進捗状況について -• 第22回 2011年10月27日 (平成23年10月27日)• 医療保険制度改革に向けた議論の進め方 第129回社会保障審議会医療保険部会が7月9日に全国都市会館大ホールにて開催された。 すなわち、同部会では「新経済財政運営と改革の基本方針2019(令和元年6月21日閣議決定)」や「全世代型社会保障検討会議中間報告(元年12月19日)」等を踏まえ、医療保険制度改革についての議論が進められてきたことをあらためて指摘。

19

社会保障審議会医療保険部会(1月9日)/「現行の一割負担の継続」を改めて主張─鈴木常任理事

審議 部会 会 医療 保険 保障 社会

1.部会長の選任及び部会長代理の指名について• 第41回 2015年10月22日 (平成27年10月22日)• その他• 介護保険法改正施行関係について(継続名称の特例要件)• 第124回 2020年1月31日 (令和2年1月31日)• 2.被用者保険の適用拡大について• 第3回 2007年10月31日 (平成19年10月31日) -• その他• 2.その他• 2.社会保障制度改革国民会議の議論の状況報告• 医師の働き方改革に関する検討会について• 今後の検討が必要となる主な課題について• その他• 医療情報の提供内容等のあり方に関する検討会における議論について• 5.その他• 6月25日には、本紙第2936号の本欄で報告した全世代型社会保障検討会議の第2次中間報告が公表され、医療においては昨年12月の中間報告で示された方向性や進め方に沿って、更に検討を進め、本年末の最終報告において取りまとめることとなった旨が報告された。 委員の定員は30人以内で、任期は2年。

2

社会保障審議会(医療部会)|厚生労働省

審議 部会 会 医療 保険 保障 社会

3.全世代型社会保障検討会議の議論について(報告)• 3.令和元年度の医療費・調剤医療費の動向(報告)• 第131回 2020年10月14日 (令和2年10月14日)• - - 第4回 2001年12月19日 (平成13年12月19日) -• - 第11回 2009年12月3日 (平成21年12月3日)• 第23回 2006年2月23日 (平成18年2月23日) -• 身寄りがない人の入院及び医療に係る意思決定が困難な人への支援に関するガイドラインについて• 制度改正に向けた議論• また必要に応じて臨時委員、専門委員を置くことができる(1条)。

1

第129回社会保障審議会医療保険部会開催

審議 部会 会 医療 保険 保障 社会

。 。 。

7