戦史 叢書。 「戦史叢書」は信用できますか?

戦史叢書 防衛庁文書 戦記資料

叢書 戦史

タイトル 戦史史料の簿冊名および件名を、戦史叢書は巻冊タイトルを検索します。 画面上部の検索ボックスと組み合わせて検索を行うことができます。

戦史研究

叢書 戦史

デジタル化と改訂作業 [ ] 2003年8月に防衛研究所戦史部はこれまで知られていなかった史料・資料(主にの崩壊に伴う旧東側のもの)が利用可能になったため、これらに基づいて戦史叢書の全面的な増補改訂を行なう計画があることを発表している。 公開されたのは次の10巻。

4

資料を検証する

叢書 戦史

最下層まで選択すると、該当する情報が表示されます。 藤原は『海上護衛戦』を例に同名の大井篤の書籍の方が記述が「詳しく取り上げている」と述べている。 一方、によれば、編纂官たちは意気軒昂で次の企画にも意慾的であり、対抗戦史の研究としてベトナム戦争などの執筆に移っていった旨を語っている。

8

戦史叢書シリーズ一覧

叢書 戦史

また、戦史室での任期の限られている自衛隊幹部達は機能別戦史の研究などについて興味を示していたと言う。 ・ロッカー等共有部分の定期消毒• その箇所を見てみると、第27師団麾下の駐屯歩兵第3聯隊の小野修聯隊長が、県城の南の小部落の外れに呂師長の遺体を丁重に葬り、同聯隊本部付きの高三郎大尉の筆で「勇将新編第二十九師長呂公良之墓」と墨書した墓標を立てたところ、捕虜の団長がそれに抱きついて慟哭し、周囲にいた大勢の捕虜も共に泣いたという話が、同聯隊本部の牧野勇一の手記を出典として書かれている。 土曜日(開館する土曜日(月1回)を除く)・日曜日、国民の祝日に関する法律で定められた日• 執筆者の位階は参謀職にあった者が多く、「参謀史観」「参謀の視点でしか戦争を見ていない」という批判がある。

9

戦史叢書シリーズ一覧

叢書 戦史

陸軍軍需動員<1>計画編• 戦史室の廃止を画策していたのは防衛庁の内局であり、これに対して上述のような戦史執筆の公共的意義を材料とした反論が実施され、戦史室は廃止を免れた。 記事中には96巻だけが列挙されている。

戦史史料・戦史叢書検索

叢書 戦史

の実施• これはオランダ本国にとどまらず家族にとって身近であったオランダ領東インド インドネシア も含んでゆき、結果として、アジアにオランダが影響力を有していた時代全般、特にオランダ東インド会社の時代へと広がりました。 陸軍関係• 65巻になって初めて表題に戦争の名が冠され、戦史室長による序文でも言及がなされる。

戦史叢書のWeb公開始まる

叢書 戦史

戦史叢書の刊行以前、実質な公式戦史として米仏伊などの軍付属研究機関で翻訳もなされた。 同財団の主な活動としては、アジアにおけるオランダの存在 影響力 特に17、18世紀オランダ東インド会社文書ならびに第二次大戦の日本によるオランダ領東インド 現インドネシア 占領とその後に関する史料の調査・保存・公開があります。

4