ウェビナー アンケート。 【自社事例公開】ウェビナー成功に向けた事前準備~開催後のフォローまで

ZOOMやウェビナーで使えるアイスブレイク9選

アンケート ウェビナー

参加している感覚が弱い ウェビナーは、発表者と参加者の距離が遠いです。 意識を集中するため、講演中のメッセージ通知をオフにし、作業中のブラウザのタブ・アプリケーションなどを閉じてPCを整理しているようです。 開催コストがほとんどかからない 会場型セミナーの場合、主催者は機材や会場の予約や整備を進めておく必要がありました。

9

ウェビナー参加者の6割は「ながら見」。主催側の6割は「対面に戻したい」【ファベル調べ・サイカ調べ】

アンケート ウェビナー

運営にかかる手間が省ける 会場開催型のセミナーであれば、費用の他にも当日の会場準備が案内、資料配布、セミナー後の会場撤去など運営スタッフが必要でした。 また、参加動機はその人が抱えている悩みを表すため、アンケートで質問すれば、自社からアプローチする際に参考にすることも可能です。

10

Zoomでウェビナーを実施する際の、おすすめ設定を公開します |マケフリ

アンケート ウェビナー

こう見ると、明らかによくないと感じていただいたとは思うのですが、非常にありがちです。 自社のリストに招待メールを配信する• 開催時間の長さ• さらに事後アンケートでも追加で質問を多くいただきます。 「セミナーをやっているけれど、商談に繋がっていない」という担当者さまにもオススメです。

18

Zoomミーティング内で使える投票機能(アンケート)の使い方

アンケート ウェビナー

録画か、ライブか• そこで、ウェビナー後のアンケート回収率を上げる2つの工夫をご紹介します。 Rating Scale(段階評価) 段階評価です。 の、ユーザーの行動をきっかけとした自動メール配信「リターゲティングメール」のご紹介 開催前日 いよいよウェビナーの開催が近づいてきました。

19

ウェビナーの効果ってどの程度?最大限の効果を引き出すためのポイント5つ

アンケート ウェビナー

そのため、ウェビナーのコアとなる講演時間は30分で設定しています。 個人的にウェビナーの今後を予想すると、• 役割分担については以下です。

13

Zoomでウェビナーを実施する際の、おすすめ設定を公開します |マケフリ

アンケート ウェビナー

集合型セミナーでは、セミナー会場で講師や担当者がお客さまに話しかけるだけで会話が発生するため、フォローしやすい特性があります。 Zoomのウェビナー機能のメリットは以下です。 しかし、ライブ配信には録画配信にはない参加者の一体感があると個人的には思います。

ウェビナー(Webセミナー)ならコクリポ

アンケート ウェビナー

今回ウェビナーを企画した弊社の栗原、小島によると、ウェビナー乱立の今、企画段階で特に気をつけなければいけないことは以下だそうです。 ほかのウェビナーにも普及したらいいなと思います。

2