小 動 神社。 【鎌倉】小動神社(こゆるぎ神社) 腰越漁港 近くのパワースポット!

小動神社

動 神社 小

人力車• 2s ease;-o-transition:padding. ひとしきり担ぐと上陸し、その昔、大海士が住んでいた江の島の「東浦」という区域に進み、かつて大海士が海から引き上げた御神像を仮安置したとされる場所にお神輿を据えます。

小動神社

動 神社 小

……この人と鎌倉警察の人と私と三人で、仮埋葬してあったシメ子の死体を確認いたしました。 電車も一両で、都電と同じスタイルで運行していました(現在の様なプラットホームは無かった)。

6

小動神社の御朱印・アクセス情報(神奈川県腰越駅)

動 神社 小

「お庚申さんは遅くまで起きているのを喜ぶから、徹夜をする」とのべた老人もあった。 特に桜やあじさいのシーズンは人気が高いので、早めのご予約がおすすめです。 江戸時代、小田原城主大久保忠真公(十一万三千石)は「三神社」の扁額を揮毫し奉納された。

八坂神社例祭

動 神社 小

江の島における八坂神社のお祭りは、夏の疫病や災いを祓いのける意義と、大海士の伝承が加わった江の島独自の夏祭り「天王祭」なのです。 料理体験• 今回は腰越にある 小動神社を紹介したいと思います・・・海近いですよぉ~! 海岸沿いを走る国道134号線よりも海側に建っている神社は、鎌倉市内ではココだけです! 市内の神社とゆーとジメジメした場所に建っているイメージが多いので、潮の匂いに包まれた境内は新鮮です! 国道134号線を鎌倉から江ノ島方面へ走っていると道路沿いに鳥居が建っているので、興味の無い方でもその存在は意外と知られていると思います・・・ でも駐車場が無いんですよねぇ・・・ 自分はチャリなんで関係ないですけど・・・ まぁ、境内散策したい方は江ノ島巡りのついでにでも訪れてみては如何でしょうか? しらす丼食べた後の腹ごなしには丁度いいかも・・・ 腰越には日蓮宗の寺が密集してますし、 源義経に所縁のある 満福寺もある意味面白いです・・・ お店もいっぱい建ち並んでいますし、結構時間を潰せる地区ではあると思います! 鳥居の左側には 『お仮屋』という蔵の様な建物がありますが、ココには江ノ島の八坂神社との合同祭で使われる山車が保管されています・・・天王祭とゆーこの行事では江ノ電が路面電車と化すあの地区を山車と神輿が行き来します! 違う意味で迫力満点です!・・・江ノ電がスレスレで通過しますから・・・よく事故が起こらないものだと思います・・・ 鬼子母神も祀られていました・・・ 『日蓮宗の守護神』と書かれていますが、何故ココにあるのかは良く分かりません・・・ 神社の案内板があるので見てみましょう! そーなんですよ、この神社は 佐々木盛綱が八王子宮を勧請した物なんです・・・ 佐々木秀義の息子の 定綱、経高、盛綱、高綱は、頼朝挙兵当時から共に戦って来た武人です・・・ 秀義は頼朝の父義朝と共に戦いましたが平治の乱で敗れ、下って来ました・・・ そして伊豆に流されていた頼朝のもとへ元服した盛綱を遣わしたそーです・・・ まぁ、頼朝からしてみれば信頼の厚い一族といえますね・・・ その証拠に、挙兵前に嫡子の定綱ほか数人に 『お前にだけ特別に話すが・・・』と計画を打ち明けています! まぁ、 『お前にだけ』というのは嘘になりますが、とにかく信用できる人物という立ち位置にあった事は確かです・・・ でも決行の時に佐々木兄弟が参陣しなかったんですよねぇ・・・頼朝は定綱に話をした事を悔やみます・・・ でもでも、実はそーではなくて、川が増水して渡れなくて遅れてしまっただけだったんです! 遅れながら馳せ参じた兄弟達を見て、頼朝は涙を流して喜んだそーです・・・ちゃんちゃん・・・ とまぁ、頼朝との絆の深い佐々木兄弟ですが、次男の経高親子はちょっと可哀想な最期を迎えています・・・ 興味の湧いた方は是非調べてみて下さい・・・今回は割愛します(笑) 四男の高綱は一番有名でしょうか?・・・ でも紹介しましたが、頼朝から賜った名馬 池月に跨って宇治川の先陣を取った人物ですね! 異母弟に義清というのがいますが、平氏方の大将 大庭景親の娘を娶った関係から当初は敵として平氏軍に加わっていました・・・まぁ、途中から源氏に寝返っていますけどね・・・ さて、盛綱が勧請したこの八王子宮ですが、当初は道路を挟んだ向こう側に建っている 浄泉寺という真言宗の寺が管理していました・・・正式には 小動山松岩院浄泉寺といいます・・・ 一応、開山は 空海としているみたいですが信憑性は低い様です・・・中興開山は 元秀という人物・・・ 創建年は分からないそーです・・・ 赤い門が目立ちますね・・・この寺は不動明王が有名です・・・ 不動明王は右手に剣を持ち、左手に羂索ってのが普通のスタイルですよね? でもココの不動明王は左手に剣を握っているんです!・・・まぁ、この左剣不動明王は秘仏で拝観は出来ませんけど(笑) この目立つ赤い山門と本堂も、もともとは江ノ電の線路側を向いて建っていたそーです・・・ 昭和30年(1955)に国道134号線が造られた際に現在の位置に建て替えられたそーです・・・ もともとは浄泉寺の管理下で 『八王子宮、八王子社』と呼ばれていた物が、明治の神仏分離で 『小動神社』と改称して現在に至っているとゆー訳です・・・ 神仏分離令以後も大正7年(1918)まで浄泉寺の住職が管理を続けたそーです・・・珍しいパターンです・・・ 盛綱が江ノ島詣でに訪れた際に、風も無いのに揺れている小動の松を見て 『天女遊戯の霊木』と絶賛して八王子宮を勧請したとゆー話ですが、盛綱は別に衝動的にそーしたのではなくて、もともとある事を切っ掛けに八王子宮を勧請する地を探して回っていたそーです・・・その話は後にして、取り敢えずもっと境内を見てみましょう! 階段を上って右側に社殿があります・・・まぁ、普通な感じですね・・・狛犬のほっかむりがちょっとダサイ(笑) あ、コイツら にアップし忘れてたなぁ・・・コイツらの写ってる写真はコレしかないなぁ・・・ また撮り直しに行かなあかんなぁ・・・メンド臭っ・・・ 小動神社の扁額の他に、 『三神社』と書かれた古い扁額もありました・・・ これは江戸時代に小田原城主 大久保忠真が揮毫し奉納した物だそーです・・・ 三神社とは三柱の祭神を尊称した物なんだそーです・・・ふ~ん・・・ そして隣には 海神社(わたつみじんじゃ)もあります・・・祭神は綿津見神です・・・ 漁業と航海の神ですし、腰越漁港の皆さんの信仰は篤そうですね・・・ 横には色々と石碑が並んでいますが、 『龍王海神』と刻まれたそれにはカメが乗っかっていました・・・ このカメの顔が間抜けとゆーか何とゆーか・・・ ほのぼのとしていて癒されますね・・・ 別に助けてないけど竜宮城に連れて行って欲しい! そして美女と一緒に美味い物を腹一杯食べて、お土産に貰った玉手箱は誰かにあげよう・・・ 誰に渡そーかな・・・フフフ(笑) 稲荷社もあります・・・祭神は当然、宇迦之御魂神ですが、猿田彦神、天鈿女命も祀られている様です・・・ 商売繁盛、産業興隆、芸能上達・・・ 池田丸のあの繁盛っぷりを見ると相当な御利益がありそーですね(笑) 金刀比羅宮もあります・・・祭神は大国主命・・・因幡の白ウサギですね・・・ 兄弟に何度も殺されては生き返った神です(笑)・・・少彦名命と共に葦原の中つ国(日本)を造った神でもあります・・・ 支配権は天照大神の子孫に譲る形になりましたが、その際に与えられた大国主命の居館が現在の出雲大社の起こりであるともいわれていますね・・・ 向かい側には 神寶殿が建っていて、 大六天社もあります! 第六天魔王・・・カッコイイですねぇ・・・社はトタンな感じですけど・・・クモの巣が凄かったです(笑) トタンな感じの社の横には庚申塔が3基並んでいました・・・ そして、海側には展望スペースがあります!・・・この神社一番の見所かも知れません(笑) 眺めはこんな感じです・・・転落防止用のフェンスが邪魔ですね・・・えい! とまぁ、江ノ島が良く見えます・・・手前に見えるのは腰越漁港です・・・月に2回ほど朝市も開催しています! 漁協事務所内の直売所では今年の春くらいから 『朝どれフライ』といって、その日獲れた魚をフライにして提供してくれるブースが出来ました・・・お値段も手頃だし、何より揚げたては激ウマですよぉ! ただし購入出来るのは午後からだったと思います・・・朝どれでも朝メシには間に合いませんね(笑) 展望スペースには一応コンクリートベンチが設けられています・・・ココから眺める夕陽は結構いいですよぉ! 『サンセット神社』に改名してもいいんじゃないかと思います・・・ 腰越漁港で買ったフライをかじりながら黄昏時を過ごすのもありかも知れませんね・・・ 他に誰かいたらちょっと恥ずかしいですけど、そんな時は怪しい奴オーラを出しまくって追い返しましょう(笑) 警察を呼ばれない様にオーラの放出量は各自調整しましょうね・・・ てな感じで境内をひと通り巡った訳ですが、ココらで久し振りに【新編鎌倉志】でも見て置きましょうか! 【小動(附八王子の宮) 】 小動は七里濵を西へ行き、腰越へ入る左の方、離れたる巖山あり。 そして、明治以降には、諏訪社を同誌するなどしている。

9

【鎌倉】小動神社(こゆるぎ神社) 腰越漁港 近くのパワースポット!

動 神社 小

境内地六百三十坪。 左手にはカメの石像がありました。

8

小動神社

動 神社 小

盛綱は故郷近江の守護神、八王子宮を勧請すべく土地を探し求めていたところ、 小動山に登りその風光に魅せられ、勧請の地と定めたことが始まりとされています。 また線が岬の根元部を横断している。

2

鎌倉小動神社

動 神社 小

源頼朝の家臣である佐々木盛綱が、 近江の八王子宮を勧請するのにふさわしい場所を探したところ、 風もないのに松が揺れて美しい音色を響かせたので、この場所に創建したそうです。 2s linear;-moz-transition:opacity. 境内はとても広く境内社が4社もあります。 幕末にはこの地に番所が設置され、異国船が渡来した場合の通報拠点とされていました。

10

小動神社

動 神社 小

小動神社への行き方 小動神社は江ノ電腰越駅から徒歩5分ほどの場所にあります。

18