ポジティブ リスト 食品 衛生 法。 食品のポジティブリスト制度導入に伴う飼料の対応について

食品用器具・容器包装のポジティブリスト制度について

食品 ポジティブ 法 リスト 衛生

合成樹脂製器具・容器包装に関わる業界団体であるポリオレフィン等衛生協議会(30 樹脂対象)、塩ビ食品衛生協議会(ポリ塩化ビニル樹脂対象)、塩化ビニリデン衛生協議会(ポリ塩化ビニリデン樹脂対象)を三衛協と呼び、添加剤、樹脂、色材など1000 を超える物質がポジティブリストに収載され、添加量等が制限されています。 なお、情報が不足して整理できず、既存物質リスト案に収載できていない物質が数多くありますが、ポジティブリストが施行されたことにより、令和元年に実施したパブリックコメント等で業界及び事業者等の方々より提供いただいた情報の内容と今後提供いただく情報の内容は変わることが想定されます。

18

食品用器具・容器包装のポジティブリスト制度

食品 ポジティブ 法 リスト 衛生

(例) 箱、袋、包装紙 食品用器具・容器包装のポジティブリスト制度の概要 ポジティブリスト制度とは、使用を認める物質のリスト(ポジティブリスト)を作成し,使用を認める物質以外は使用を原則として禁止する規制の仕組みです。 これまで自主規制だったポジティブリストが食品衛生法に格上げされて規制対象になると考えてもらえれば大丈夫です。 ポジティブリストの最新の状況 厚生労働省のホームページ(注1)にポジティブリスト案が掲載され、2019年8~9月にパブリックコメントの募集が行われました。

プラスチック製の器具・容器包装にポジティブリスト制度が導入されます|大阪健康安全基盤研究所

食品 ポジティブ 法 リスト 衛生

また、食品と接触しない非接触面に使用されている合成樹脂や、主成分が合成樹脂以外で食品接触面に合成樹脂層が形成されていなければ、制度対象外となります。

食品衛生法(器具、容器・包装)のポジティブリスト制度が施行

食品 ポジティブ 法 リスト 衛生

原則使用を禁止した上で、使用を認める物質を定め、安全が担保されたもののみ使用できる。

13

食品用器具・容器包装のポジティブリスト制度について

食品 ポジティブ 法 リスト 衛生

消費者庁は、厚労省の新制度創設に伴い食品表示法のして、これら指定成分を含む健康食品において 「指定成分等含有食品(〇〇)」(〇〇は指定成分等の名称)、 「指定成分等とは、食品衛生上の危害の発生を防止する見地から特別の注意を必要とする成分または物です」と14ポイント以上のサイズの文字で注意喚起の義務表示を求めることとしました。 また、自主規制はあくまで任意ですので、強制力がなく、規制がすべてに及ぶわけではありません。 特記事項にて個別要件あり• 新規の物質については、追加の収載要請があれば、リスク評価を行い、告示改正されます。

6

教材案内「【 ポジティブリスト制度導入 】 改正食品衛生法で変わる対応事項と食品容器包装材料・食品接触材料の規制動向」

食品 ポジティブ 法 リスト 衛生

安全性が確認された物質のみを使用可とするポジティブリスト制度は、国際的にも現在主流となっています。

19