Rna ワールド。 ウイルス起源の三つの仮説~1.ウイルスは細胞が出現する前に生まれていた

セントラルドグマに反するRNAワールドの不思議に挑戦。 | UTOKYO VOICES 035

ワールド rna

この辺の話は長くなりそうなので、私の個人的解釈はまた別にお話ししますね。

生命の起源(DNA、RNA、タンパク質ワールド説)の紹介

ワールド rna

いくらでも叩くことができますが、もう一つ付け加えておきましょう。 オパーリンの説による考察は以下の要点にまとめられる。 それと同様に、によって、生物の起源に関する考察も行われた。

7

セントラルドグマに反するRNAワールドの不思議に挑戦。 | UTOKYO VOICES 035

ワールド rna

生命誕生後、この二つの機能を兼ね備えたと考えられるRNA分子は、遺伝情報の収納と自己複製の機能をDNAが、触媒機能をタンパク質がそれぞれ専門的に受けもつという分子進化をおこし、はるかに効果的な現存の生体システムが確立したと考えられている。 なお、アリストテレスは、世界には生命の基となる「生命の胚種(一種の)」が広がっており、この生命の胚種が物質を組織して生命を形作る、と考えた。

17

生命の起源

ワールド rna

表面代謝説は、一見非常に理論的で明快な結論を引き出しているようだが、以下の説明が不十分であるために不完全な理論であると言える。 パスツールの実験 [ ] パスツールはを2つ用意し、を行ったと考えられている。 さらに、 「糖」、「塩基」、「リン」が集まると、核酸といわれる遺伝情報を担う「DNA」や「RNA」が生まれます。

13

Experiment:原始生命はいかにしてたんぱく質をつくったか?:渡辺公綱

ワールド rna

これまでに「生命の起源」に関する諸説が数多く発表されてきているが、現在のその到達点はなんとなく「 」仮説であるかのような印象を受ける。

17

生命の起源: 自然発生説、パスツールの実験、RNAワールド仮説など

ワールド rna

この説の原型となる考え自体はにスパランツァーニによって唱えられていた。 たんぱく質合成の主役-トランスファーRNA リボソーム上で2個のトランスファーRNAが遺伝暗号を読みアミノ酸を連結する様子を示している。

14

セントラルドグマに反するRNAワールドの不思議に挑戦。 | UTOKYO VOICES 035

ワールド rna

しかし、他の RNA を鋳型に、ある程度の長さの RNA を合成する RNA は既に合成されており、根本的には不可能ではないと考えられる。 さらにになり()が発達を見せると、たちも同様の考察・研究を行い、生命の起源の仕組みを何とかして科学的に説明しようとする試みが多く行われてきた。 プロテインワールド仮説 [ ] 「タンパク質がまずはじめに存在し、その後タンパク質の有する情報がRNAおよびDNAに伝えられた」とする仮説である。