雪国 冒頭。 雪国

川端康成の小説『雪国』のあらすじや感想、読み方の解説!二人の女性が「鏡写し」にされた日本文学の金字塔

冒頭 雪国

その里に、いとなまめいたる女はらから住みけり。 — 「本人もコレクションもおそろしい」 は、『雪国』の冒頭の汽車の窓ガラスの反映描写を、「川端文学の反現実的なあやしさが、一つの象徴としてかがやいてゐる」とし、それはあたかも「書の序論」で、「各種の哲学用語」が定義されているように「全篇の序曲」となり、この作品の中における「人物」「風景」「自然」「事件」が何であるかが、「あらかじめ提示され、ひそかに答へ尽くされてゐる」と説明している。 東京に妻子がある。

14

雪国

冒頭 雪国

もちろんその際、「ネタバレ」ということが問題にならない作品を選んでいます。 長めの小説ですが、文章を書く天才の作品なのですらすら読めると思います。 冒頭文の「国境」の読み方 [ ] 本作の冒頭文、〈国境の長いを抜けると雪国であつた〉という文の中の、この「国境」の読み方には、「くにざかい」か「こっきょう」か、という議論があるが、は、「くにざかい」が正しいとし、「このことでは、川端康成とも話をしたことがあった」と述べている(川端の発言は不明)。

2

文学作品冒頭文

冒頭 雪国

主人公の孤独な魂を救済する、このささやかな美しいシーンは、同様に読者の胸にも一服の清涼剤のような、すがすがしい感動を刻む。 やがてすこし明るくなってくる。 駒子は駆け寄り葉子を抱きしめた。

3

雪国と Snow Country

冒頭 雪国

東京に妻子あり。 この漢字には読みが2種類ありますが、『雪国』に関してはどちらが正解なのか、いまだにわかっていないといいます。 「髪の毛?」スウプに何か、イヤなものでも入っていたのかしら、と思った。

6

雪国 (小説)

冒頭 雪国

島村は、きっと前者の意味で言ったのでしょう。 私は俗に言う「ネタバレ」などは気にかけずに記事を書きますから、その作品を読んだ気になってしまうと、よく言われます。

12

川端康成に学ぶ美しい日本語の表現5選|文学作品から美しい日本語を探求してみよう

冒頭 雪国

懇望されて、僧籍に入り、辺鄙な岬の寺の住職になり、その地で妻をもらって、私という子を設けた。 昨晩車内で見かけた病人は、師匠の息子・で、付添っていた葉子は駒子と知り合いらしかった。

川端康成『雪国』ってどこのこと? ざっくりわかる『雪国』のあらすじ

冒頭 雪国

しかし、悲恋や徒労が美の資格を持ち得ないとは、決して考えないだろう。 ただ『雪国』には全編を通してエロティックな雰囲気が感じられます。

雪国と Snow Country

冒頭 雪国

, pp. 『雪国』とは、新潟県南魚沼郡の 湯沢温泉をモデルに書かれたお話。 向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。

川端康成『雪国』の冒頭を考察する 【あらかじめ欠落した主語を空想していく】

冒頭 雪国

朗読:• 金谷さんは、この違いをとらえて、 英語(欧米語)は 不動の 「神の視点」で物事をとらえ、 日本語は 常に移動する 「虫の視点」で 物事をとらえる、 と解説しているが、 私自身はこの解説にあまり興味はない。