インスリン グラルギン リリー。 製品の特徴

インスリングラルギンBS注ミリオペン「リリー」

リリー インスリン グラルギン

また、ランタス XR 注本から本剤への切り替えの際には、 1 日投与量よりも低用量を目安として投与開始を考慮することとなっております。

4

製品の特徴

リリー インスリン グラルギン

濃グリセリン 血糖降下作用の減弱による高血糖症状があらわれることがある。 主な副作用としては、、低血糖(1. インスリン製剤は、ノボ、サノフィ、リリーで市場を争っていますが、製品による利益以上に、競争相手に対する打撃が大きそう。

7

製品の特徴

リリー インスリン グラルギン

急激な血糖コントロールになることがあるので、糖尿病網膜症や治療後神経障害などに注意を払うこと。 もっと知る! <インスリン グラルギン製剤の切り替え> ランタス XR 注と他のインスリン製剤の切り替えに関しては、ランタス XR 注の臨床試験(2 型糖尿病患者、26 週間)の後観察期間(4 週間)において、ランタス XR 注から他のインスリン製剤に切替えた患者がランタス注から切り替えた患者と比べて全体的に低血糖の発現が多く、基礎インスリ投与量が減少していたことから、ランタス XR 注の重要な基本的注意として「他の基礎インスリン製剤への切り替え時には、ランタス XR の 1 日投与量よりも低用量での切り替えを考慮するとともに、切り替え時及びその後しばらくの間は血糖モニタリングを慎重に行うこと。 炭水化物代謝を阻害し、血糖値を上昇させる。

ランタス XR 注ソロスターのバイオ後続品への変更はOK?

リリー インスリン グラルギン

この薬で注意する点は?(用法/副作用/成分などに関する注意) 必ず医師、薬剤師の指示に従い、腕の上のほう、太もも、お腹、お尻等に順序良く移動し、短期間に繰返し同一部位に注射しないでください。

19

持効型溶解インスリン 一覧表

リリー インスリン グラルギン

3 糖尿病性昏睡、急性感染症、手術等緊急の場合は、本剤のみ で処置することは適当でなく、速効型インスリン製剤を使用 すること。

13

持効型溶解インスリン 一覧表

リリー インスリン グラルギン

なお、その他のインスリン製剤の投与量を含めた維持量は、通常1日4~80 単位である。 食事を摂取しなかったり、予定外の激しい運動をしたりすると低血糖を引き起こしやすいので注意すること。

3

ランタス XR 注ソロスターのバイオ後続品への変更はOK?

リリー インスリン グラルギン

さらに、カートの使用にあたっては、必ず専用のインスリンペン型注入器の取扱説明書を読むよう指導し、ミリオペンの使用にあたっては、必ず添付の取扱説明書を読むよう指導すること。

10

インスリングラルギンBS注ミリオペン「リリー」

リリー インスリン グラルギン

[「副作用」の項参照] インスリンが結合する抗体の生成を抑制し、その結合部位からインスリンを遊離させる可能性がある。

1